コミヤマカタバミ 

 カタバミ科  カタバミ属  小深山酢漿草 




6月 谷川連峰 

 亜高山帯の林で、5月から7月に、桃色がかった白い小さな花を、茎に1輪ずつ咲かせます。
 花びらには、薄紅色、赤紫色の筋が縦に入ることも。
 花茎は、高さ4〜10cm。
 カタバミ同様にシュウ酸をふくみ、昔は、これらカタバミの仲間を煮出してシュウ酸カルシウムを抽出したそうです。



6月 谷川連峰 

 


 



7月 至仏山 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
  カタバミミヤマカタバミ
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/