カタバミ    


カタバミ科 カタバミ属 傍食、片喰、酢漿草




3月上旬 東京・高尾 

 花の直径こそ1センチ余りと小型ですが、春先から咲き始めることと、道 路わきなどどこにでも育つ旺盛な繁殖力をもつことから、見る機会の多い野 草です。朝の通勤電車の、高架化工事がすすむ駅の仮設ホームの縁の下に、こ の花が咲いているのを、電車の窓から見つけたときは、強い生命力に思わ ず、納得させられました。  カタバミは、匍匐枝を伸ばして、どんどん繁殖します。種子は触るとはぜ る鞘に収納されていて、勢い良く飛んで、生活領域を広げていきます。  カタバミの名前は、「片葉」の姿から、名づけられたとされています。昼 に全開し、夜にはぴったり閉じて、半身の葉のように見えるため、「片葉」あ るいは「片葉身」となるところからというのです。一方で、この野草はシュウ酸 を多く含み、食べられません。そこからも、この名前の由来はなかったのかな と考えさせられます。


 



3月中旬  東京都あきる野市 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/