花期  7〜10月
 分布  北海道・本州(近畿より東)・四国
 生態  
 仲間  ミヤマイラクサ(葉が互生)、ムカゴイラクサ
イラクサ科 イラクサ属

 北海道のエゾイラクサは、若いうちに背丈が40センチを超し、茎が太い。生長すると 2メートルほどにまで育ちます。
 良く似たミヤマイラクサとの違いは、エゾイラクサでは葉が対になって生えだすこと。ミ ヤマイラクサは、葉が、互い違いに生えてきます。背丈も、エゾ・・よりひと回り小さめ です。
 ガラスの繊維のような、細く鋭くもろい棘が、茎と葉にびっしりついています。この 棘は、刺さるとその1点に激痛を感じ、痛みは1時間余りも続きます。「そこにイラクサが あるから、気をつけてね!」と、声をかけることがしばしばありますが、一方でエゾイラ クサ、ミヤマイラクサは、若いものを茹でると、おいしい山菜でもあります。

     5月上旬
  札幌市 定山渓 
エゾイラクサ  蝦夷苛草、蝦夷刺草




葉は対生






 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/