フサザクラ     

フサザクラ科  フサザクラ属  房桜  




4月初旬  奥多摩 標高800m 

 花の時期に山で出会うと、印象が強い植物です。花びらがなくて、雄しべが 房状に伸びだしているからです。しかも、その雄しべも暗い赤紫色で、表面に 光沢があり、「花」を感じる姿ではありません。
 ところが、遠目にこの木を見ると、濃い色の桜の花が咲いたように、春の装い を感じさせてくれるから不思議です。
 雌雄異株で、しかも仲間は、世界では、日本と中国に1種ずつ存在するだけ、と いうことです。
 葉は丸く、先端が細く一筋だけとがっていて、周囲に鋭いギザギザがあります。



 

 


 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/