ドクダミ      毒草、毒溜   

 ドクダミ科 ドクダミ属 


 6月中旬 西多摩

  独特の不快な臭いがあることと、住宅地や空き地、畑などにいつの間にか はびこってしまう厄介な雑草のために、ドクダミというかわいそうな名前が つけられました。
 しかし、花は間近に眺めると、美しい姿をしています。
 白い花びらに見えるのは、蕾をつつんでいた総苞です。
 中心に立つ柱状の部分が「花」にあたる花序ですが、ここにも花弁はありません。  ドクダミの花序は、雄しべと雌しべだけで作られています。



*分布      アジア。
*花期      5月から7月
*仲間      ハンゲショウ
*関連ページ   



 ドクダミは乾燥させると匂いが消え、お茶に使われます。
 東南アジアでは、野菜として生で食べられています。
   
      

    
      

    
      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫