ウワミズザクラ     


バラ科 サクラ属  上溝桜 




5月上旬 奥多摩 

 花穂(総状花序)は、瓶の内部を洗うブラシのような形をしていま す。おまけに、花は雄しべが極端に長い。花弁の2倍前後はあり、突き出 していて、ますますブラシに似ています。
 こんな姿をしていても、サクラの仲間です。



 

 1つ1つの白い花の直径は5ミリ前後。花びらは5枚です。
 木の高さは10〜20メートル。幹の肌を見ると、サクラの木であ ることがわかります。葉は、互生し、サクラの葉の姿をしていますが、葉 先がとがって、伸びています。
   春の花のつぼみ、秋に、赤からさらに黒く熟す実は、ともに食べられます。
 類似種にエドノウワミズザクラがありますが、こちらは雄しべが花弁よ りも短く、木の背丈は10メートル前後までしか伸びません。  別にイヌザクラという仲間があります。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
   エドノウワミズザクラ、イヌザクラ
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/