ノウゴウイチゴ 

 バラ科 オランダイチゴ属 能郷苺




8月上旬  立山 

 山のイチゴです。私がこのイチゴに初めて出会ったのは、北アルプスの朝日 岳の登山道でした。小さな実なのに、姿はそのままイチゴだったので、おも わず、まじまじと見入りました。
 栽培種の原種になったものの一つです。ノウゴウは、岐阜県の能郷で発見さ れたため。

 よく似たシロバナノヘビイチゴとの違いは、花びらの数。ノウゴウイチゴは花弁が 7ないし8枚あることです。シロバナノヘビイチゴは花弁もガクも5枚。
 味も、シロバナヘビイチゴと同じく、甘く、イチゴそのものです。
 葉は根生し、3出複葉。 3小葉です。葉は、シロバナノヘビイチゴに比べ て、葉脈がくっきりせず、平板な印象。
 イチゴはランナー(走出枝)でどんどん増えますが、ノウゴウイチゴのラン ナーも、長くひろがります。



8月上旬  立山 

 


8月上旬  立山 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
   シロバナノヘビイチゴ
◆関連ページ 
          






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫