ナワシロイチゴ 

 




7月初旬 相模湖 



6月中旬 奥多摩 

 花が、他のイチゴとくらべて変っています。まず色が紫色であること。
 開花しても、5枚の花弁はオシベを包むように閉じまま。そして、花の 終わりに、ひらりとその花弁がしおれて落下し、おしべ、めしべの中心部 分が姿を現します。
 イチゴの実は、粒粒が大きく、数粒から10粒前後で1個の集合果を構成。 まるで赤い丸いルビーが集まったようです。
 苗代の名前は、その時期に開花するからといわれますが、田植えがか なりはやまった現代では、この名前は時期がずれすぎています。

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/