ミヤマワレモコウ 

 バラ科 ワレモコウ属 深山吾亦紅


 


8月上旬 八方尾根 

   

 控えめながら印象に残る雰囲気をもつ花なです。
 それだけに命名の由来も諸説あり、唄にまで歌われて、なかなか話題の多い花です。
 私は、「吾もまた紅(くれない)なり」という謂われが、若者のまっすぐな意思を感じて、気に入っています。
 茎の先に赤紫色の花穂を付けたワレモコウとミヤマワレモコウとは、蕾の時期は、見た目ほとんど同じ。
 花穂に密集した花には、花びらがありません。
 開花の際には、萼弁は、穂の上から下へ順に開き、その際に伸びる雄しべが、ミヤマワレモコウでは5ミリ弱と長めで、萼弁から花 穂の外へ飾りつけのように飛び出します。
 これにたいして、ワレモコウの場合、雄しべは萼弁と同程度の長さです。
 花期は 7〜9月。花が終わると、萼だけがびっちり固まった花穂となります。殻状のこの萼の基部(内側)に、ふつうの植物の子房にあたる部分があり、種子が納まっています。
 分布では、ワレモコウは、低山帯〜亜高山帯の湿原や、湿った草地に生えます。
 ミヤマワレモコウは、より寒冷な限定された地域に広がっています。日本では、北海道(日高地方)から、中部山岳地帯の北部よりに分布しています。



 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間     イワシモツケ
 
◆関連ページ   



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/