ミヤマキンバイ    深山金梅 


 バラ科  キジムシロ属   


 ***** 中央アルプス 三ノ沢岳  7月下旬 *****

 平地から山地にかけて広く分布するキジムシロにそっくりの色、姿です。ミヤマキン バイの根茎は、キジムシロと同様に、横に這い、太く、何本も伸びて繁殖していきま す。背丈は20センチ。
 キジムシロとの違いは、葉です。ミヤマキンバイは3小葉。葉は、イチゴを連想させ る形です。キジムシロは小葉が5枚から9枚と多い点が異なります。
 花は、直径2センチ。名前の通り、梅の形で、5枚の花弁の先端が丸みをもって少し へこんでいます。濃い黄色は陽を浴びて金色に輝きます。
 花弁の中心近くは、より色が濃く、濃い山吹色、ないし、わずかに赤味がさしている ように見えます。




*分布      北海道と、本州の中部以北
*花期      6月〜8月
*仲間
    キジムシロ
  ミヤマダイコンソウは、花はよく似ているが、葉は大づかみに見ると円形で、鋸歯が浅くまばらに入っている。
  イワキンバイは、葉裏が白っぽいので、葉裏も緑色のミヤマダイコンソウと区別できる。
*関連ページ 




中央アルプス  千畳敷カール



北アルプス  奥大日岳

      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫