ミヤマダイコンソウ    

バラ科 ダイコンソウ属  深山大根草




 

 山登りを始めて、かなり早い段階で、この花の名前を覚えた記憶があります。覚え やすい名前だったこともありますが、そのとき調べた図鑑に、「大根とは縁もゆかり もないのに、この名がつけられて・・・」などとあったのが、印象に残っていたから でした。
 ダイコンソウ属に属しますが、そのダイコンソウの、伸びかけの根生葉の形が大根 の葉を連想させるので、ダイコンソウと名づけられ、同じ属だからということでミヤ マダイコンソウと呼ばれる運命を背負いました。
 私は10数年も畑で野菜を作ってきたので、アブラナ科の大根の葉はもちろんのこ と、白あるいは薄紫がさす菜の花様の大根の花も良く知っています。花はまったく別 ですし、葉も、山で見かけるこの花は、イチゴ(バラ科)の葉をよりギザギザにした ような、イチゴ似の葉です。
 写真は、木曽駒ヶ岳の霧と風が吹きぬける稜線で撮影。良い花です。光を照り返す 葉も、この花の明るい雰囲気を盛り上げています。

  


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/