キジムシロ    

バラ科 キジムシロ属 雉筵




南アルプス・北岳  2005年7月中旬  

 北岳の大樺沢の二股といえば、標高は2200メートル前後はあるところ。雪渓 そばのザレ地に這い蹲るようにして葉を広げている、山吹色の花が目にとまりまし た。
 花をマクロレンズで覗き込むと、花弁の内側にうっすらと紅色の模様が浮き上が り、なかなか見映えがします。
 下山してきた年配の登山者と話になり、「キジムシロだね」と、判別しまし た。キジムシロは、平地や山野にふつうに見かけます。高山植物のミヤマキンバイ との違いは、ミヤマキンバイは3小葉ですが、キジムシロは小葉が5枚から9枚も あることです。写真のキジムシロも、1本の葉茎に5枚、ないし7枚の小葉が写って います。
 雉鳥を、そこに座らせたくなりそうな葉を丸く茂らせるので、「雉筵」だとのこ とです。
 雪渓が7月初めにやっと融けるような、こんなきびしい環境にも、この花は生き抜 いてきたことになります。







 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/