カライトソウ 

 バラ科 ワレモコウ属 唐糸草


 


8月 八方尾根 

   

 唐糸とは中国から渡来した、色鮮やかに染色した絹糸のこと。
 養蚕と製糸は古墳時代以前から日本に伝えられてきましたが、江戸時代中期まで、国産の絹糸は、中国の絹糸に品質が 劣っていました。そのため唐糸は美しい絹糸を表わす言葉として、伝えられてきたようです。
 カライトソウには、花びらがなく、赤紫色の雄しべ(花糸)が萼片より長く突き出す様子から、名づけられました。
 この穂状花序の開花は、穂の先端から始まり、開花しながら重みで先端から次第に垂れ下がってきます。穂先から開花 するのはワレモコウ属の特徴で、その変化の様子がまた楽しめます。
 北海道と本州中部の高山、亜高山に分布。



 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 ワレモコウ
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/