ハマナシ(ハマナス) 

    バラ科  浜茄子(浜梨)




ハマナシの実   北大植物園で  2004年8月 

 「ハマナス」の名前が通っているが、北海道では「ハマナシ」と呼ぶ 人が多い。「ス」を「シ」と同様に発音する東北、北海道の訛り説も 含めて、正式名称が議論になっている、数少ない植物。
 しかし、実は梨型で、食用。茄子とは異なる。私も「ハマナシ」説を支持する。  北大の恵迪寮歌はナスと歌う。「浜茄子赤き磯辺にも すずらん薫る谷間にも アイヌ の姿、薄れゆく 蝦夷の昔を想うかな・・・」
 学生寮は本州の出身者が多いからかなあ。

 「ハマナシ」の字は、本来、「浜梨」ではなく、もっとむずかしい字を使う。
 これは、ネット上の一般のパソコンでは、表示できない。

 花の寿命は一日だけ。稀に白花がある。
 匂いバラの仲間に属するため、香りが良い。札幌では現に、ハマナスから香料をと る企業があった。

 バラ科といえば世界的には古代からさまざまな品種改良の手が加えられてきた。その なかでも、ハマナスは原種のまま、手つかずできた種。

  


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 タカネバラ、オオタカネバラ
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/