ミツバアケビ    


アケビ科 アケビ属  三つ葉通草




 

 南関東の低山では、アケビとミツバアケビとが拮抗して生育しています。
 ミツバアケビは、小葉が3枚で、葉の縁が波打っているのが特徴です。花 も、濃い紫色で、よく目立ちます。
 花は大型の雌花と、小さな雄花とがあり、雌花の花びらにみえる開いた部 分は顎片です。
 秋に紫色の鮮やかな大きな実をつけます。
 ミツバアケビの若芽も、「木の芽」として食べることができますが、アケ ビの木の芽の方が苦味のなかにもうまみがあり、味ではアケビに負けるよう に感じます。
 北海道から九州にまで分布します。



 



 



木の芽を伸ばすミツバアケビ 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
    アケビ
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/