ヤマハタザオ     

アブラナ科  ヤマハタザオ属   山旗竿    




 

 春まだ浅い4月初旬、奥多摩の標高1000メートルほどの山腹で 、明るい日差しをうけて咲き出していました。
 花弁は4枚で、タネツケバナのように2枚ずつ、対になるような姿 で開花します。茎の先端に、やや総状に花をつけます。
 雄しべは6本。
 葉は、鋸歯があり、茎を抱きます。



 

 


 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/