タネツケバナ 

アブラナ科 タネツケバナ属  種漬け花 




3月中旬 東京・檜原村 

 


3月中旬 東京・檜原村 

 早春に白い四弁の十字型の花を咲かせます。「種 漬け花」の名前は、農家が田植えのための苗代作り にとりかかるため、種籾を水に漬けるころに花を咲か せるために付いたといわれています。

 タネツケバナの種子は、秋に発芽し、ロゼットで 冬を越す2年草です。冬越しの茎は赤紫色を帯び、細かい毛が密生しています。夏に種子をつけると、 根生葉が枯れます。

 水田や、川のそばなど湿潤な土地に群生しますが、畑の脇などでもよく見ることができます。
 背丈は春先で10センチ余り。初夏には30センチほどに伸びます。
 日本各地に分布します。



3月中旬 東京・檜原村 

 


 



2月中旬 東京・秋留台の畑で 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間

・オオバタネツケバナ。茎に毛がない。羽状に生えそろう葉のうち、先端の葉が大きめ。
・タチタネツケバナ、ミチタネツケバナ。タチタネツケバナは、花茎が細く、 立ち上がります。これら2種は夏になって種子をつけたときにも、根生葉が枯れません。
・オランダガラシ。茎が赤紫色で冬を越すが、タネツ ケバナよりずっと大型になります。花弁はタネツケバナ より心もち短く、寸詰まりで、やや丸みがあります。葉 は生長すると細長くなる。実はサヤの中で2列に並 ぶ。タネツケバナは一列。


 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/