フタバアオイ      双葉葵   

 ウマノスズクサ科 カンアオイ属 


 4月中旬 奥多摩

  茎の先端に、互いに近くで向き合うように2枚の葉を広げるため、双葉葵の名前があります。
 葉の形は、ハート型(卵針形)。
 江戸・徳川家の「葵の御紋」は、このフタバアオイの葉を3枚並べてデザインされています。
 葉を広げるころ、葉の付け根部分から花柄を出して、薄い紅褐色〜紫褐色の花をつけます。
 カンアオイの仲間である、このフタバアオイの場合も、花と見えるのは筒状の萼片で、先 端は後に折ったように反り返ります。



*分布      本州(東北地方南部から以南)、四国、九州。アジア。
*花期      3月から5月
*仲間      
*関連ページ   



 
   
      

    
      

    
      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫