ウラジロヨウラク 

 ツツジ科  ヨウラクツツジ属  裏白瓔珞




6月末  苗場山で 

 出会ったのは、秋山郷からの登山道を苗場山を目指して登っていた ときでした。ブナ林の中に淡い赤紫色の花が目立ちました。
 葉の裏は白っぽい。
 ガク片が目立ち、それが細長い形のものは、ガクウラジロヨウラクと分類されて います。
 6月下旬のことです。苗場山の広大な山頂部は厚い残雪に覆われていました。

 「瓔珞」とは、宝石などを糸でつないで数珠のようにし、首飾りとしたもの。  私が学生時代を送った北大恵迪寮歌に、
 「瓔珞磨く石狩の 源遠く問い来れば
  原始の森は深くして 雪解の泉 玉と湧く」
 という歌があります。
 花を見、大雪・石狩の山々に相似する残雪いっぱいの苗場山の懐に抱かれて、 この寮歌の一節を口ずさみました。



7月初旬  至仏山 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/