ミヤマクロウスゴ      深山黒臼子   

 ツツジ科 スノキ属 


 7月中旬 北アルプス・遠見尾根

 ミヤマクロウスゴは、花冠(つぼ型の花)が、縦(高さ)より横(直径)の寸法が長いくらい、上下につぶれているのが特徴です。
 花冠の先は5つに浅く裂け、その裂片は短く後ろに反ります。
 花冠の色は、白から赤みがさしたものまで、いろいろ。
 蕊(しべ)が花冠の外に出ることが普通。
 これにたいしてクロウスゴの場合は、花冠は縦方向が長く、扁平に見えません。
 ミヤマクロウスゴの葉は、葉身が卵形〜卵円形で丸みがあります。長さ1〜4p、無毛です。
 高さ30〜100cm。
 秋に直径1cmほどの黒い液果をつけます。



*分布      本州中部から北海道の亜高山帯〜高山帯。北太平洋地域。
*花期      6〜7月。
*仲間      クロウスゴ、マルバウスゴ、クロマメノキ。
*関連ページ   



 ミヤマクロウスゴは、クロマメノキともそっくりです。こちらは背丈が地を這うように低く、花の色は白色。2個組で咲きます。
 栗駒山から北アルプスの日本海側にかけて分布するマルバウスゴは、花冠が扁平でミヤマクロウスゴに非常によく似ています。葉のふち全体に細かい鋸歯があることで、見分けられます。

   
      

7月中旬 北アルプス・遠見尾根    
      

    
      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫