マルバウスゴ    


ツツジ科 スノキ属  丸葉臼子 




 

 マルバウスゴの花は、壺型で、縦よりも横(直径)が長いものが多く見られます。
 中には、かなり扁平なもの、逆に縦の長さが優っているタイプもあります。
 花の色は、赤紫がにじんだような色合い。
 ガクは青緑色で、先端は突き出ず、全体が丸みがあります。
 葉をよく見ると、鋸歯があり、これが目印となります。葉の脈は浮き出ています。
 本州の日本海側、北アルプス以北の山地に分布します。



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
   クロウスゴ、ミヤマクロウスゴが似ていますが、葉に鋸歯がありません。
◆関連ページ 
          






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫