コケモモ     


ツツジ科 スノキ属  苔桃 




中央アルプス・三ノ沢岳にて 2006年7月撮影 

 コケモモは、夏に愛らしい姿の小さな花を、枝先に数個つけます。花の長さは8ミリから10ミリ。 花の色は、白いもの、濃いピンクがさしているもの、地の色も含め全体がピンク色など、さまざま。
 雌しべが花冠の外に長く突き出します。花弁は4枚に分かれています。ガクは、先端が三角形に尖り ますが、丸みを帯びているものや、三角形の姿が認められないものなども、見られます。
 背丈は10センチ程度の矮木で、葉は丸みを帯び、常緑です。
 秋に、直径7ミリ前後の赤い実をつけ、9月後半には、その実が暗紅色に熟します。甘酸っぱい味 がします。
 北海道から九州まで各地の高山帯に分布します。



同上 



実を結びだしたコケモモ。木曽駒ヶ岳にて 2005年8月撮影 



空木岳にて 2004年9月撮影 

 


同 熟した実 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
◆関連ページ 
          






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫