ヒメシャクナゲ   姫石楠花 

 ツツジ科  ヒメシャクナゲ属  別名:ニッコウシャクナゲ   


 *****至仏山  7月初旬 *****

  細長くて、まばらにも見える小さな葉をつけた枝先に、 淡い明るい紅色の、つぼ型の花を数輪つけます。
 つぼは、下向き、なおし斜め下向きで、花と同じ色の細い 花柄が逆U字型に曲がった、その先端についています。
 花の雄しべの先端の葯に、2つの角をもちます。
 一属一種。
 亜高山帯の湿原に分布しますが、至仏山の山頂部の岩場で 見かけました。



 *分布       北半球北部に分布。日本では、北海道、および本州の八幡平、 吾妻山、尾瀬、日光、長野県の山岳部に分布します。
 *花期      6月〜7月
 *仲間
           XXX
 *関連ページ  至仏山、7月初旬は花がいっぱい


      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫