ハクサンシャクナゲ     


ツツジ科 ツツジ属 白山石楠花 




中央アルプス・三ノ沢岳 7月末 

 ハクサンシャクナゲは、背丈が1メートルを越し、稜線ではハイマツとともに、 胸あたりまでくる薮をつくります。人の背丈をはるかに越すものもあります。
 花は一部に赤みを帯びた白色。薄く黄緑色を帯びるものもあります。
 花の内側には、緑色の斑点があります。

 アヅマシャクナゲに似ていますが、ハクサンシャクナゲは、キバナシャクナゲとともにより高山 地域に生息します。
 アヅマシャクナゲは花の赤みがより濃いめで、薄桃色。ハクサンシャクナゲは、花 が開くとほとんど白に近い色合いです。
 葉にも特徴があり、ハクサンシャクナゲの葉は、縁が裏側に丸く巻いてい ます。アヅマシャクナゲの葉は、別名「ウラジロ」と呼ばれるように、葉の 裏に細かい白い毛が密生しています。
 ハクサンシャクナゲの別名は、シロシャクナゲ・シロバナシャクナゲ・エ ゾシャクナゲ・ウラゲハクサンシャクナゲ。岩手県のシロバナシャクナゲは 変種にも扱われます。



三ノ沢岳 7月末 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫