ツクバネウツギ    


スイカズラ科 ツクバネウツギ属 衝羽根空木




5月初旬 山梨県小菅村 

 「衝羽根」は、叩かれる羽根、つまり羽子板の羽根のことです。
 花の形がそのまま。この花を、枝先に2個ずつつけます。もっと多くの花を枝先につける種類 もあり、これはツクバネウツギ属の特徴の一つです。
 ということは、半面、この属の花は見分けにくいということでもあります。
 花は筒型をしており、雄しべ4本、雌しべは1本あります。
 関東以西に分布する、落葉低木です。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/