オオヒョウタンボク     


スイカズラ科 スイカズラ属 大瓢箪木  




8月上旬 八方尾根  

「ヒョウタン」の名前は、葉の上で2つの花を咲かせたあとにできる2つの実が、くっついて瓢箪のように見えることからつけられました。
 登山の際に、潅木帯や低木帯をくぐりぬけるようにして行動していると、ちょっと日当たりが悪い密ヤブのような場所で、目の前にこのコンビの花が咲いているのに出合います。
 葉の上にちょこんと乗った、オオヒョウタンボクの花の背丈は4〜5センチ。
 蕾のときから、仲良く並んで開花をまつ姿も、ほほえましいです。
 花期は7〜8月で、9月に実が赤く熟します。
 オオヒョウタンボクに対して、ヒョウタンボクとは、キンギンボクのことで、やはり、2個並んだ実が瓢箪のように見えます。

 


つぼみ。8月上旬 八方尾根 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/