ニワトコ     


スイカズラ科 ニワトコ属 接骨木 




 

 南関東の低山では、3月下旬から、芽を伸ばし、花の蕾の塊をふくらませ始めます。 蕾は、緑色からエンジ色までかなり色合いが異なります。
 伸びかけの若芽は、天ぷらや浸しにするとうまみがあり、よく食べてきましたが、中 毒症状の報告があったあとは眺めるだけにしてきました。
 蕾がこぼれ、展開すると、クリーム色の小さな花がたくさん集まって、円錐型に伸び 上がる、大きな集合花を咲かせます。
 夏には、小さくて赤く美しい実(液果)をたくさんつけます。
 ニワトコの枝は、もろく、折れやすい。接骨木(セッコツボク)としてなんて、とて も使えないと思います。ニワトコの仲間の木を材料に薬をいれる器を作った歴史がある ために、接骨木の名前で呼ばれるようになったとのこと。

 


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/