ムシカリ     


スイカズラ科 ガマズミ属 虫喰り 別名:オオカメノキ 




5月中旬 山梨県・一之瀬高原 

 9月に北アルプスの五竜岳に登ったとき、登山ルートの遠見尾根の中ほど で、ムシカリの赤い実に出会いました。雨の中の下山の途中でした。
 ムシカリは、葉の形から、別名、オオカメノキ(大亀の木)とも呼ばれま す。関東では標高1000メートル以上でないと見られないとされる、山の 植物です。



9月中旬 五竜岳 



同 

 枝は横に長くのび、そこかわ分枝した短い枝先に、アジサイ形の白い集合 花をつけます。周囲を直径3、4センチの白い装飾花が囲んでいますが、そ の花びらはわずかに縮れた模様、形状をしていて、これがムシカリの花の目 印になります。
 秋の赤い実は、熟すると黒く変わります。
 落葉低木。
 葉は、光沢がなく、葉脈の筋がくぼんで、独特の風合いがあります。



5月中旬 一之瀬高原 



同 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
  カンボク

 葉が3深裂する。装飾花には、カンボクも下のヤブデマリも、ムシカリのよ うな縮れた風合いが見られない。

 ヤブデマリ

 葉に光沢がある。5裂する装飾花のうちの1枚が極端に小さい。


◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/