ミヤマシグレ    

スイカズラ科 ガマズミ属  深山時雨




 

 

 良い名前をつけられた花は幸せを感じているのではないかと、ときどき思います。ミヤマ シグレも、その一つです。調べてみると、「シグレ」は、もともとは「シブレ」で、深山に 生えるガマズミの意味だという解説がありました。シブレを、シグレと呼び換えたのは、命名者 だったのか、呼び名を言い換えた人だったのか、いずれにしても、花の心を知る風雅な人だったの でしょう。
 ミヤマシグレは、対生する葉が2段、3段と交互に重なり、その真ん中に鮮やかな、米粒 型の赤い蕾が密集して付きます。蕾の先が割れると、そこから紅色を帯びた白い小さな花が開 きます。(散房花序)
 果実も鮮やかな赤色で、染料に利用されてきました。秋の葉は真っ赤に染まります。

  


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/