ガマズミ     


双子葉植物 合弁花類 スイカズラ科 ガマズミ属  




5月中旬 奥多摩 

 山地でよく見かける落葉低木です。高さは4メートルほどにしかなりませ ん。
 花は白く、枝先にひとかたまりになった(散房花序)をつけます。一つの 花の直径は5ミリあまりしかなく、丸みがあり、5つに割れます。



5月中旬 奥多摩 

 5本の雄しべが花の外へ長く伸びだしています。雌しべの先端(柱頭)は 3つに分かれます。
 葉は対生。丸みがあり、葉の縁には細かい鋸葉がります。葉の両面に細か い毛がありますが、表面は葉脈にそって生えています。

 秋につける実は卵型で、赤く、よく熟すると食べられ、果実酒に利用され ています。
 また材は堅く、道具の柄に使われます。



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 

 ミヤマガマズミ
 葉に毛がなく、葉の先端が細く尖っています。1個の花の大きさも7,8ミリあります。

 コバノガマズミ
 葉が小さめで細長く、葉柄に托葉があります。

 ムシカリ(オオカメノキ)


◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/