タテヤマウツボグサ 

シソ科 ウツボグサ属 立山靱草 




2005年7月中旬  霧ヶ峰 

 目の覚めるような鮮やかな青紫色の花を、ずんぐりむっくりの花穂から八方に咲かせます。
 平地のウツボグサよりも、ひとまわりつくりが大きい。色も鮮やかで、群生していると、遠目 にも目立ちます。



 

 


 

 花穂は、育ちかけの松ぼっくりみたいです。その表面のすき間を広げて、紫色の花芽が伸張し 、長さ3センチ余りの花を咲かせます。

 クローズアップすると、シソやカズラの仲間によくあるように、唇型の花弁の上や縁には、びっし りと細かい毛が生えていて、遠目の美しい花の印象とだいぶ違います。

 


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
  ウツボグサ
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/