オカタツナミソウ 

 シソ科  タツナミソウ属  丘立浪草  多年生草本




 

 タツナミソウとは、「名は体をあらわす」。そのものの花ですね。
 私が初めてこの仲間に出会ったのは、ミヤマタツナミソウ。穂高岳から 下山する途中の、屏風のコルの下ででした。

 覚えやすい名前です。しかし、仲間が多いので、種の確定はむずかしい。
 この写真のタツナミソウは、オカタツナミソウで、背丈が小柄。葉が対生し、 その葉のてっぺんに花が束になって立ち上がります。
 花弁の色が、美しい。
 茎には細かい毛が下向きに密生します。



 

 


 

 


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
    オカタツナミソウ
    デワノタツナミソウ
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/