イブキジャコウソウ 

 シソ科  イブキジャコウソウ属  伊吹麝香草




 

 麝香(じゃこう)をネットで調べて見ると、
 「オスの麝香鹿の麝香腺分泌物を乾燥させたもの」
 「麝香は漢薬中最上の貴重薬である。ジャコウジカはおおよそ4000〜5000mの 高地に棲み、非常に臆病。・・・雄の下腹部の陰嚢寄りの箇所に包皮 腺を有し、その中に麝香が分泌し、溜っている。」

 など、いろいろ出てきます。
 ようするに、オスのジャコウジカの性器の付近に蓄えられ、分泌される、強い 香りのことだそうです。
 ここから転じて、
 「麝香は香料の王者」とし、「強い臭いを発する多くの動植物の名前」に「麝 香」の名が使われてきたようです。

 イブキジャコウソウの場合は、葉を揉むとよい香りがするのだそうです。
 山地・高山の岩礫地に群落をつくって生息します。
 私のこの花との出会いは、南アルプスの北岳、そして早池峰でした。



 

 


 

 


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/