ヒメオドリコソウ    


シソ科 オドリコソウ属  姫踊り子草




 

 シソ科オドリコソウ属には、オドリコソウ、ホトケノ ザ、そしてヒメオドリコソウがあります。このうちヒメ オドリコソウが、欧州原産の帰化植物です。日本に移入 されたのは明治の中ごろ。東京周辺に繁殖したものが、 いまでは西日本にも広く生息域を拡大しています。

 畑仕事をしてきた私には、ホトケノザとヒメオドリコ ソウは、草刈をするときに嫌な匂いをかがされる手のか かる雑草にすぎません。根が浅いので、手でつかめば一 網打尽にできます。
 ヒメという呼び名も、オドリコソウに比べ小さいから つけられただけです。暗い赤紫の葉の色、猛繁殖する生態など、 姿も好きになれないできました。

 ということで、撮影もずっとする気がおきませんでし た。伊豆に出かけた際、早朝の夜露を浴びたヒメオドリ コソウを見つけ、そのやさしげな姿にカメラを向けてし まいました。

 2年草で、冬越しの葉だけの姿は、オドリコソウに似 ています。葉や茎には細かい毛が多く、日当たりが良い 場所では、葉の赤(黒)紫色が強くなります。



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
  オドリコソウホトケノザ
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/