ツマトリソウ    

サクラソウ科  褄取草 




 

 「どういうわけか、この花の名前は、男性がすぐに覚えるんですよね」。栂池自然園の花を解 説している女性のガイドさんが、団体の一行の全員に聞こえるようにと、大きな声で話していま した。撮影のために足を停めていた私は、その話を聞いて、いっしょに笑い声の中に加わってし まいました。

 確かに、確かに、そうです。私も、この花に北アの薬師沢小屋の付近で初めて出会っていらい 、すぐに名前を覚え、いらいずっと印象に残る花でした。
 姿がいいですね。ツマトリ・・・の意味は最初はわからないできましたが、妻に娶るならば、 こんな感じの人が・・・、などと思わせる姿です。サクラソウ科の花は咲いた姿にみな品があり ますが、ツマトリソウはそのなかでも際立って清楚な風情があります。

 あとで知ったのは、ツマトリのは「褄取」で、花びらの縁、つまり褄が、赤く縁取られるもの が見られることから、この名前がついたことでした。
 花冠は7つに裂けて開き、雄しべも同じ7本です。



 

 


 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/