オカトラノオ 

 サクラソウ科 オカトラノオ属  丘(陸)虎の尾  多年生草本




 



 

 穂の形に細長く伸び上がったこの花を、近づいて眺めると、一つ一つの白 い花がとても美しいのに気づかされます。
 花は、下から順に咲きあがります。先端にいくにしたがって、花の蕾は、次 第に小さな丸い粒となり、芥子粒ほどの花芽となります。時系列を一度に整然 と見せてくれる、興味深い変幻のさまも、眺めると楽しい。

 花穂が虎の尾のようで、途中でゆるく屈曲するさまも、いっそう尾に似てい るため、こんな名前がついたそうです。
 長い地下茎でふえます。



 

 花が、花穂の先端まで咲き終わるころは盛夏から初秋にかけての時期です。
 そのころ、実が突き出した花穂は薄茶色に変わり、長さは30センチほどに伸び、 あまりの様変わりにオカトラノオとは思えない姿になります。

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/