ハクサンコザクラ     

サクラソウ科 サクラソウ属  白山小桜  




 

 飯豊連峰から白山にかけての日本海側の山岳地帯に、飛び飛びで分布してい ます。
 私が初めて出会ったのは、白馬鑓ヶ岳の大出原(おいでっぱら)の雪田が融け たあとの斜面でした。8月下旬のことでした。芽吹いてから、花の時期を終える まで、あまりにも短いこの花の1年を思いました。
 葉がすべて根生葉で、茎から出るものがないのも、急いで開花し、夏が終わる までに実を結ばねばならないゆえでしょう。
 遠目に眺めると、湿原全体が赤紫色の鮮やかな色彩に染まりますが、近づいて 花の1輪を見ると、どこかおかしみも感じるデザインを感じます。

 2度目の出会いは、朝日岳から雪倉岳、小蓮華岳への縦走のとき。
 3度目は、妙高の火打山ででした。
 出会うたびに、厳しい環境のなか、精一杯に花を開くその姿に見とれます。
 でも、そのつくりのせいか、色合いのせいか、我がカミさんは、カメラに向か う私に「この花、好きなんだ」と「距離」をおいて批評の目を向けてきます。



白馬山麓 2005年7月 



火打山 1999年8月 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間    エゾコザクラ、オオサクラソウ、ヒナザクラ
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/