リョウブ 

 リョウブ科 リョウブ属  令法




 

 リョウブというと、私なぞは若い葉を天ぷらにして味わう木、というのが、まず 頭に浮かびます。
 ひたしの場合は、アクだしして、手間をかけますが、若芽の天ぷらはうまいんで す。

 古い昔は、救荒食としても大切にされたそうです。名前のリョウブは、令法と書 きます。米沢藩のウコギのように、藩がおふれを出して、植えつけたり、若芽を塩 蔵することをを奨励した木なのでしょうか。そうであるなら、記録がウコギ同様に 残っているはずです。
 1科1属1種。木肌は、サルスベリや、カゴノキ(鹿子の木)を思わせ、樹皮が斑 にはげて、平滑です。
 目印は、この木肌。そして、枝先で手のひらをぱっと開いたようにひろがる、独 特の葉の付き方です。
 花は、この八方に広がった若葉の真ん中から、動物の尻尾のように、穂状に立ち 上がって咲きます。



 

 


 

 


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/