タテヤマリンドウ     

リンドウ科  リンドウ属  立山竜胆  




 

 1995年8月、長男(小6)、二男(小3)と家族4人の北アルプス幕営縦走をしま した。黒部源流部の山々を一巡りするルートで、入山は岐阜県の神岡口から。
 稜線に上がって1周の基点になる場所は、北ノ俣岳でした。

 入山5日目に、北ノ俣岳に戻りついて、神岡への下山を開始したとき、鞍部の湿原に小 さなリンドウの花を見つけました。それが、タテヤマリンドウでした。
 その湿原を登りあがったときは、長い縦走への気持ちがみなぎりすぎて、この花に気が つかなかった私でした。私たちは、ザックを下して、山上のこの湿原で一休み。このとき のカメラには、「あとは下るだけ」というほっとくつろぐみんなの様子が写っていました。

 高山帯の湿原に生えるタテヤマリンドウは、花冠が1〜2センチと小さいのが特徴で す。ミヤマリンドウも似た大きさで、生育地が重なります。花びらのあいだにある副片 が、ミヤマ・・・では尖っており、タテヤマリンドウは卵型で先に歯牙があります。ま た、根生葉が長さ5から10ミリで、茎葉よりも長いのも、タテヤマリンドウの特徴で す。



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/