ハッポウタカネセンブリ     

リンドウ科 センブリ属(またはチシマセンブリ属)八方高嶺千振  




 

 八方尾根の特産。タカネセンブリの蛇紋岩変種。
 花期は7〜9月。
 直径1センチあまりの小さな花ですが、花弁は淡青紫色で、花弁に濃紫色の斑点があり、美しく目を魅かれます。
 北アルプス北部の高山や北地の海岸に生えるタカネセンブリは、花冠の裂片とがくがほぼ同じ長さ。
これにたいして、ハッポウタカネセンブリでは、がくが、花冠の裂片よりかなり短いのが特徴です。 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/