キュウリグサ    


ムラサキ科 キュリグサ属  胡瓜草




 

 葉を指ですりつぶすと、淡いキュウリの香りがするため、 この名があります。
 薄青紫色の花の直径は、わずか2ミリ。蕾は1ミリ内外。目を 近づけると、忘れな草そっくりの色と形をしています。
 1本の花柄(花茎)がラセン状に巻いて、そこに数個から10 数個の蕾がびっしり固まった状態で、早春からの開花期を迎えま す。花は、そのラセンの先端ではなく、一番下、根元の側から、 順に咲いていきます。

 私は、ヤマルリソウと、このキュウリグサを見て、ムラサキ科 の花が好きになりました。
 3月半ばから花を咲かせます。道路際、公園の草むら、山の林 道沿いなど、場所を選ばずに見ることができます。



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/