タカネマツムシソウ    

マツムシソウ科マツムシソウ属 高嶺松虫草




五竜岳 アルプス平 

 別名、ミヤママツムシソウ。マツムシソウの高山型変種。
 マツムシソウは腰ぐらいの背丈に育ちます。タカネマツムシソウは、背丈が茎の高さは30-35cmと低め。
 花期は8〜9月。
 花は直径5センチと、マツムシソウよりもやや大きい。
 長い柄をもった根出葉があります。
 また茎にも、対生する葉があります。これらの葉は、羽状に裂け、その裂片はさらに細く裂けます。
 本州の中部地方以北と四国の高山帯に分布しています。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 マツムシソウ
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/