クサギ    


クマツヅラ科  クサギ属  臭木 




8月下旬  伊豆半島 

 クサギ(臭木)は、成長した葉の匂いが独特な臭みがあるところから、名づけ られました。
 赤く染まった萼から、スイカズラに似た派手な花が開き、日当たりが良い場所に 生育することともあいまって、とても目立つ花です。この花は芳香があり、昆虫が よく集まります。
 花は盛夏に咲きます。
 秋には、鮮やかな青い実をつけます。青い実の周りは、これまた鮮やかな赤色の萼が星型 に展開して囲んでいて、美しく、よく目立ちます。

 科の名前になったクマツヅラ(熊葛)は、本州以南に分布する多年生の草で、全身 に細かい毛があり、ツル性。姿は、数メートルの木に育つクサギとは、まったく似ていま せん。花も外見はまったく似ていません。
 「熊」の名はこの毛のためかもしれませんが、クサギ同様、独特の匂いをもつためと も想像されます。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫