ヨツバヒヨドリ    

キク科  フジバカマ属(ヒヨドリバナ属) 四葉鵯




 

 梅雨の盛りの霧ケ峰で、ヨツバヒヨドリが咲いていました。
 ほんのりと桃色を帯びた、柔らかな色合いの花です。
 ヒヨドリハナの仲間ですが、あの野鳥は群れて品のない大きな鳴き声を上げるし、姿も よろしくない。なぜ、ヒヨドリに喩えた名前がつけられたのでしょうか。
 ヨツバの名は、葉が4枚輪生するところからつけられ、この葉のつき方がヨツバヒヨドリ の目印です。
 葉は、3枚から6、7枚と様々見られます。フジバカマは、葉が3つに切れ込んでいます。 白花もあります。

  


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/