チョウジギク    

キク科 ウサギギク属 丁子菊、別名クマギク




9月  焼石岳中腹の湿地 

 普通の菊の花柄は、目立たない存在です。このチョウジギクの場合は、白 い細かい毛が密生していて、長さも7センチほどもあり、一番のトレードマ ーク。小さな花を際立たせています。
 この白い花柄と小さな花の姿から、香料のクローブの形を連想したのは、 果たして中国の人か、欧州のどこかの国の人か? 
 クローブは、我が家でも、秋口の生ショウガを入手してジンジャエールを 手作りするときに、極め技として使ってきました。
 クローブは中国では丁子、丁香と呼ばれ、これがチョウジギクの謂われに なっています。
 それにしても、クローブは、熱帯のインドネシアが原産で、高さ10mに もなる常緑樹です。その開花前の花蕾を乾燥させ、クローブとして肉料理な どの香料に。
 そのクローブが、日本海側の深山と四国・剣山に自生する日本固有種のチ ョウジギクと花(蕾)の姿だけでつながっているとは・・・。

   


 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間  ウサギギク
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/