シュムシュノコギリソウ    


キク科  ノコギリソウ属  占守鋸草 




8月中旬  利尻島 

 千島の北東端にある占守島の名前がつけられており、千島や、利尻島、礼 文島、北海道北部の山地に分布します。
 背丈が20センチ前後にしか伸びません。頭花をとりまく舌状花は、はじめ 薄い桃色ないし淡い赤紫色。頭花は、黄色ですが、ともに 次第に白に変わり、全体が真っ白になります。
 ノコギリソウは、葉の縁がノコギリ状になっていることから、名づけ られました。



8月中旬  利尻島 



8月中旬  利尻島 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
  ノコギリソウ
  エゾノコギリソウは、葉が楕円形で、葉の基部が茎を抱きます。  
◆関連ページ 
          






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫