オヤマボクチ    

キク科  雄山火口




 

 畑で蕎麦を栽培して、石臼で挽いて、打って食べた私には、オヤマボクチは 特別な植物です。この葉から採れる繊維を、蕎麦のつなぎに使うと、コシと歯ごたえ がとってもいい蕎麦を打つことができるからです。  蕎麦の粉100グラム当たりに、オヤマボクチの繊維を0.5グラム加えただけ で、蕎麦粉100パーセントで、抜群にのす(薄く広げる)ことができます。  しかも、包丁で蕎麦を裁つときは、斜めに刃を動かさないと切れないくらい、 強靭な繊維が満遍なく拡散されているのです。  繊維が強靭なだけでなく、山で出会うオヤマボクチは存在感がある姿です。 


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
   
◆関連ページ 
  オヤマボクチで蕎麦を打つ
        





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/