ノゲシ(ハルノノゲシ)     


キク科 ハチジョウナ属(ノゲシ属とする分類もある) 野芥子  




 

 有史以前に大陸から渡来したとされ、全国に分布しています。世 界中に分布しており、繁殖力の強さを示しています。
 ノゲシが正式な呼び名(和名)で、アキノノゲシ属のアキノノゲ シに対比して、ハルノノゲシとも呼ばれています。ともに「野芥子 」と呼ばれるのは、芥子に葉が似ているため。
 軟らかい緑色の葉と茎で、葉に深い鋸歯があります。そして、葉 の基部が不規則な形で後に伸び、茎を完全に抱いていうのが、特徴。 ギザギザの葉先は、柔らかくて、さわってもほとんど痛くないの が、ひとまわり大きなオニノゲシとの違いです。
 花は、タンポポ似で、春から夏にかけて長く見られます。花が終 わると、綿毛のついた痩果(そうか)をつけます。
 茎は中空です。

 


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/