ミヤマヨメナ 

 キク科 ミヤマヨメナ属 深山嫁菜




 

 


 

 ヨメナとは別の属に位置して、全国に分布しています。園芸品種の「都忘 れ」は、清楚な青紫色が人目をひきます。その「都忘れ」の原種にあたるの が、このミヤマヨメナ(深山嫁菜)です。白い花が多いですが、淡青紫色の 花も咲かせます。都忘れの花の色より、ずっと薄い。
 根株がしっかりしていて、どんどん株立ちし、花を増やします。

 


 

 私が管理していた栗林の際に、都忘れ、あるいはミヤマヨメナがたくさん 増えだしたことがありました。いったいどっちだったのか。花の色が濃かった ので、都忘れと思います。
 栗林は、定期的にエンジン狩り払い機で下生えの草木をかりとらねばなり ません。それで、株の一部を庭に移し変えました。
 その株は数年立ったいまも、毎年5月に、人の気をひく色合いの花を咲か せています。
 若い芽は、ヨメナのように食べられます。

 


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/