ミヤマタンポポ 

 キク科 タンポポ属  深山蒲公英




 

 タンポポも、夏の山で出会うと思わず見とれます。
 姿は、平地のタンポポによく似ていますが、ひと目でわかる違いは、大きい こと。
 花の部分は直径4センチ前後になり、背丈は30センチほど。葉も長くなり ます。

 ミヤマタンポポは、中部地方の日本海側の山岳地帯に生えるとされます。私 は、岐阜県の北アルプス・笠ヶ岳の稜線で、出会いました。ここは北アの南部 で、ミヤマタンポポの一般的な分布域からは、はずれているか、あるいは分布 域の外縁部にあたるのかもしれません。
 似た仲間にシロウマタンポポがあり、こちらは白馬岳付近と南アルプスのご く一部に生活しています。



 

 


 

 


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/